コンパクトカーモデルチェンジ予想

アクアモデルチェンジ時期は2017年12月と予想!新型の燃費は45km/lでミニプリウス風のスタイリングでノートe-POWERに対抗か?

更新日:

ノートe-POWERの登場で苦戦している現行アクアはモデルチェンジが求められています

ハイブリッド専用のコンパクトカーとして、2011年12月に発売された現行アクアは、JC08モード燃費37km/Lの低燃費と176万円とハイブリッドカーとしては安い価格設定で、販売台数NO1を維持する人気モデルとなりました。

アクアモデルチェンジ予想

↑現行アクア

ライバルとなるフィットハイブリッドは36.4km/Lで169万円と、ほぼ同等の設定なのですが、売れるのはアクアと言うのが現実です。乗り心地も室内空間もフィットハイブリッドの方が優れているのですが…

そんなアクアに思わぬライバルが現れました。それがノートe-POWRです。177万円からで、燃費はJC08モード37.2km/Lとこれまたほぼ同じスペックとなります。

しかし、販売台数はノーマルのノートとe-POWRモデルを合わせるとアクアを大きく上回る販売台数で、販売台数NO1となりました。

ノートe-POWRは、ガソリンで発電して走る事のできる新しい電気自動車として人気となりました。電気自動車といってもシリーズハイブリッドというハイブリッドの一種なのですが、日産の少し強引なマーケティングの勝利なのでしょう。

新型アクアは2017年12月頃モデルチェンジで燃費大幅改善と予想

新型アクアで一番の注目はやはり燃費でしょう。

エンジンは直4、1.5Lエンジン+モーターというTHSⅡで、ハイブリッドシステムに大きな変更はないようです。ただし、エンジン本体の低フリクション化、熱効率の向上などによる基本的な燃費の向上や、モーター側の効率アップが図られます。

最新の技術投入はありませんが、燃費は確実に改善され、JC08モード燃費42~45km/L程度にもなると予想されています。

新型アクアの燃費は大きな魅力となりそうですが、ノートe-POWRのモーターで走る新しい感覚などに太刀打ちできるのか多少疑問は残ります。

新型アクアのポイントはプリウス風のスタイリングとプラットフォームの進化

モデルチェンジの注目はスタイリングです。新型アクアは最近のトヨタ車の流れにのっとったフロントマスクになり、全体的に車高が低くなると予想されています。

気になるのはデザインがミニプリウス風になると言われています。新型プリウスのデザインは攻めすぎているため、賛否両論となっているだけに少々心配です。プリウスPHVなら良いのですが…。

新型プリウス

↑スタイリングは賛否両論の新型プリウス

新型アクアのプラットフォームは、これも新型プリウスに採用されて、劇的に乗り味が進化したと言われているTNGAが採用されるため期待できる内容です。

スタイリングには不安が残りますが、正常進化のモデルチェンジで、2017年12月に新型アクア登場すると予想されています。

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-コンパクトカーモデルチェンジ予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.