セダンモデルチェンジ予想

シビックが2017年8月に日本での復活発売予想!タイプRは2.0Lターボで320psに期待

更新日:

2010年に日本での発売が終了したシビックが、2017年8月に日本での発売を復活させると予想されています!

1972年に発売を開始したホンダを代表するシビックは、初代から8代目で38年の日本での販売に幕を閉じることになりました。しかし、ここにきて日本でのシビック復活が予想されています。

シビックはホンダの世界販売基幹車です!

実は、シビックは世界各国で販売されるホンダの世界戦略を担う基幹車です。ただ今日本では販売されていないだけです。日本で販売されていた頃のシビックは、コンパクトカーの位置づけでした。しかし、フィットの発売とその人気によってシビックの日本での立ち位置は微妙となり、大型化が進み、2010年の日本での発売中止につながっていきました。

シビックセダンが2017年8月に日本でも発売!待望のタイプRも発売と予想

海外では主力車として販売を続けていたシビックが、2017年8月に復活して日本発売になると予想されています。

今回復活販売するのは、2015年秋にモデルチェンジして北米で発売され、堅調な売れ行きとなっているシビックセダンで、この4ドアモデルは日本の狭山工場でも生産されることが決まっています。

シビックセダンのボディサイズは、ちょうどマツダのアクセラセダンと同じぐらいとなります。

エンジンは174psの1.5L直4直噴ターボが搭載されています。北米ではこのエンジンがパワフルで、乗り心地もしなやかだと好評のようです。

そしてシビックは海外ではセダンの他、5ドアハッチバックとクーペもすでに発表されていますが、さらにその5ドアハッチバック、これをベースにしたアイプRも日本で発売の予定です。タイプRはちゃんとカタログモデルで発売されるとのことです。

↑このシビックタイプRなら興味湧きますね!

シビックタイプRは先代と同じ2.0Lターボエンジンが搭載され、10psアップの320ps程度になるようです。

正直いまさら、シビックセダンは日本で需要があるとは思えません…。が、ハッチバックとタイプRは別!特にタイプRの発売はぜひセダンと同時発売を望みたいところです。

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-セダンモデルチェンジ予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.