コンパクトミニバンモデルチェンジ予想

キューブモデルチェンジ時期は2018年夏と予想!新型はe-POWER搭載でシエンタ対抗?

更新日:

日産のキューブは、スペース効率とそのユニークなスタイリングで、1998年に初代が発売されています。発売から人気となり、販売台数1位になったこともある程の人気でした。

現行キューブは、なんと2008年に発売されたモデルなので、9年も経過している事になります。

キューブモデルチェンジ予想

↑現行キューブ

新型キューブは2018年夏頃にe-POWERを搭載して、人気のコンパクトミニバンのシエンタ・フリードに対抗!

e-POWERを搭載したノートで勢いに乗っている日産は、最近人気となっているコンパクトSUVの新型ジュークと、ミニバンではセレナに、このe-POWERを搭載していくと予定されています。

モデルチェンジが予定されている新型キューブも、当然このe-POWERを搭載して、ハイブリッドモデルが人気となっているシエンタとフリードに対抗しようとしています。

ちなみにe-POWERとは、エンジンで発電して電気モーターで走る仕組みなので、充電の必要のない電気自動車といった感じです。新しい電気自動車のカタチ!と言っていますが、実際はエンジン動くので、シリーズハイブリッドと言うハイブリッドの一種なんです。最近の日産は表現が少々オーバーですからね…。

シエンタのハイブリッドはJC08モード燃費27.2km/L、フリードハイブリッドも同じくJC08モード燃費27.2km/Lという低燃費が魅力のコンパクトミニバンです。

車重の違いがあるので、ここまでの燃費にはなりませんが、e-POWER搭載のノートがJC08モード燃費37.2km/Lとなっています。

シエンタは、アクアのJC08モード燃費37.0km/Lのハイブリッドシステムが搭載されているので、新型キューブの燃費に関しては、少なくともシエンタと同等の燃費が実現されるでしょう。

また、新型キューブについては電気自動車的な走りにも注目です。実際発進時ののトルク感は相当なもので、まさに電気自動車!といった乗り味になっています。

さらにワンペダルドライビングです。アクセルを踏むとは走る。アクセルを離すと止まるといった、ドライビングも可能となります!これなら最近増えている、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故も無くす事ができるのです。

新型キューブへのe-POWER搭載で、シエンタ、フリードの牙城を崩す事ができるのでしょうか?

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-コンパクトミニバンモデルチェンジ予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.