自動車モデルチェンジ情報・時期予想

新型CX-8が2017年12月の発売!価格は?CX-5、ミニバンと比較

投稿日:

マツダのクロスオーバーSUVのフラッグシップで3列シートとなるCX-8が2017年9月14日に予約開始し、発売は12月14日から発売されます。

CX-8はCX-5の5人乗り版となっています。

そもそもマツダは、3列シート車であるミニバンを3車種設定していたのですが、MPVはすでに生産終了していて、ボックスタイプミニバンのビアンテ、乗用車タイプミニバンのプレマシーのみとなっています。しかし、マツダのミニバンは販売台数大幅低下の状態で、ミニバンからの撤退が決定されています。

新型CX-8は近々生産中止が見込まれるビアンテ、プレマシーをカバーする3列シート車として発売されることになっています。

新型CX-8はCX-5の3列シートモデルですが

CX-8はCX-5の3列シート版ではありません。

↑CX-8

↑CX-5

スタイリングは、魂動デザインを高い次元へ深化させ、国内最上位SUVとして風格や質感、インテリアの素材や色を吟味されています。

CX-5をストレッチしたようなスタイリングですが、より伸びやかなラインで上級車らしい存在感があります。

こうして見ると、CX-8の方がスタイリッシュで、モデルチェンジ後にスタイリッシュに感じたCX-5がもっさりして見えてきます。

↑CX-8

↑CX-5

ボディサイズは全長4,900mm、全幅1,840mm、全高1,730mmとCX-5と比較すると全長で355mm、全高で40mm大きくなっています。

CX-8はクリーンディーゼルも進化

CX-8のポイントはいくつかあります。

  • マツダ国内初の3列シートSUV
  • 2.2Lクリーンディーゼルが進化
  • 360°ビュー・モニターがオプション設定

やはり注目はSKYACTIVテクノロジーで大きく進化したクリーンディーゼルです。CX-8はSKYACTIV‐D2.2のみですが、そのスペックは従来型から15ps/3.1kgmアップとなる、最高出力190ps、最大トルク45.9kgmにまで進化しています。

マツダのクリーンディーゼルは静粛性やパワーで、欧州のプレミアムブランドである、ベンツやBMWを凌ぐほどの実力であると評判ですが、このCX-8の進化したクリーンディーゼルで更に評価は上がるかもしれません。

安全装備も「360°ビュー・モニター」がオプション設定されています。ボディサイズがかなり大きくなっているので、取り回しに苦労しないように搭載した方がよさそうです。

CX-8の価格

  • XD:319万6800円(FF)342万9000円(4WD)
  • XDプロアクティブ:353万7000円(FF)376万9200円(4WD)
  • XD Lパッケージ:395万8200円(FF)419万400円(4WD)

CX-8とミニバンとの比較

CX-8はSUVでありながら、3列シートを装着しています。プレマシーとビアンテの生産終了を控えた時期に発売されると言うこともあって、ミニバンの後継車とも考えられます。

そうは言ってもクルマの性格は大きく異なっています。

3列目の居住性は、CX-8では床面が燃料タンクのために高いので、床と座面の間隔が不足して座ると膝が持ち上がる状態になります。2列目シートを前側にスライドさせると足元空間はプレマシーよりも広くなりますが、快適な3列シートと言えるレベルにはありません。

特に全高が1,700mmを上回るボックス型ミニバンと比較するとCX-8は不利が際立ちます。ボディは大型ですが、3列目の居住性はフリード程度です。セレナやヴォクシーなどのミドルサイズ、ヴェルファイアなどのLクラスと比較すると明らかに狭いです。ボックス型ミニバンとは根本的に車両の作り方が違うので当然と言えば当然です。

ただし、ヴェルファイアのような上級ミニバンは多人数乗車ではなく、4名が快適に移動する目的で選ばれることも多いようです。2列目シートを後方にスライドさせ、足をゆったりと前に伸ばして座るような使われ方です。

CX-8は3列目を使った多人数乗車は苦手ですが、4名が快適に乗車して移動するのにはピッタリです。特に最上級のXD Lパッケージは、2列目シート中央に立派なアームレストつきコンソールボックスを備えて、まるでレクサスLSなみの装備内容になっています。

4名が快適に乗車することが目的なら、ヴェルファイア・アルファードなど価格帯含めて十分にライバルとして考えられます。

ボックスミニバンよりもスポーティでカッコ良く、内装の質感もかなり高い。さらには走行性能も明らかにCX-8が上となれば、ヴェルファイア・アルファードよりも買いかもしれません。

↑CX-8のインテリア

実用重視のスタイリングとなっているミニバンよりも、3列目シートは緊急用と割り切って2列目シートで快適に移動するクルマとして考えると、セダン・「ミニバンに次ぐ新しいラグジュアリーカーとして人気になるかもしれませんね。

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-自動車モデルチェンジ情報・時期予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.