自動車モデルチェンジ情報・時期予想

2017年新型カムリとマークX、アウディA4の比較 おすすめは?

更新日:

世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダンのカムリが2017年7月にモデルチェンジされました。

新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」カムリと、同じトヨタのFRセダンと欧州セダンのA4を比較します。

  • カムリG:349万9200円
  • マークX250ORDS:343万4300円
  • アウディA4 2.0TFSIクワトロ:624万円

新型カムリは静粛性や乗り心地が優秀

カムリの走りは乗り心地や静粛性などでも高いレベルで仕上がっているようです。

特にフロントのボディ剛性の高さが特徴のようです。ガッチリしていて操舵に対する反応がリニアでしっかりしています。フロントがガッチリしているのでブルブル振動も抑えこまれているし、ロードノイズも入り込んできません。

乗り心地や静粛性は抜群のようです。

2.5Lハイブリッドはエンジンとモーターの組み合わせ効率が良くできていて、トルク感もたっぷりあって余裕のある走りができます。

ドアの建てつけの剛性も高く、ガッシリとしているようですが、ドアを閉めた時の音が欧州車と比較すると安っぽいとの評価です。

これは残念です。ドアを閉めた時の「バスン」という重厚感のある音はこのクラスのセダンでは重要な要素だと感じます。

↑新型カムリ

↑カローラアクシオ

スタイリングはなんだかカローラみたいですね・・・。もちろんカローラよりも高級感あってカッコ良いですけど…。グローバルブランドのカローラとカムリなので、デザインでの共通性を持たせる必要があったのでしょうか?

個人的にカローラは営業車のイメージが抜けないので、カムリも営業車の延長に見えてしまいます。もちろん、スタイリングは個人的な好みです。

新型カムリは、操縦安定性、乗り心地はもちろん、静粛性、室内の居住性や使い勝手など細部にまで考え抜かれて設計されている、バランスの良いセダンとなっています。

ただ、セダンで完全に差をつけられている欧州モデルと比較すると、優等生すぎて個性がないとの評価が多いようです。

トヨタが日本車らしく真面目につくったのが新型カムリですから優等生ですが、それが個性ないとなってしまうのも残念ですね。道路ですれ違っても「お!新型カムリだ!」と思うことなく、通り過ぎそうです。

マークXは数少ないFRセダン

現行マークXは2009年に発売されているモデルなので、基本設計はかなり古いですが、マイナーチェンジを繰り返しているとはいえ、新型カムリと比較すると古さを感じるようです。

ただ、マークXはFRと3.5Lというスポーティなエンジンを持っているのが特徴です。

スタイリングはマイナーチェンジで大きく変更していて、存在感があってカッコ良いセダンです。BMW3シリーズやベンツCクラスと比較しても負けない存在感あるような気がするのですが?ほめ過ぎでしょうか。

2009年に発売されたモデルなので、いつモデルチェンジしてもおかしくない状況ですが、マークXにはいくつかの噂があります。

  • FRからFFになる
  • カムリに統合されて廃止

正直どちらも嬉しくない噂です。

日本はFRセダンにもっと力を入れて欲しいです。このままではFRスポーツセダンは、すべて欧州メーカーに奪われます。

クラウンだけでは不十分です。マークXこそが本命だと思います。

アウディA4はクワトロによるバツグンの直進安定性

アウディA4の魅力はインテリアの質感の高さと、直進安定性の高さです。

アウディA4のスタイリングは普遍的でカッコ良いです。洗練され大人のゼダンといった感じです。もちろん受け取り方は人それぞれですが。

ただ、普遍的とはいえモデルチェンジして新型になっても、キープコンセプトであまり大きなチャレンジがないので、詳しい人でなければ新型と旧型の区別がつかないと思います。

アウディA4は上質なインテリアが好評です。これはBMWよりも間違いなく高級車の乗っている感を味わえます。

走行性能は、走り出すと操舵感やクルマの動きは高級セダンを感じることができるようです。ボディ剛性が非常に高く、足は硬いですがしなやかな乗り心地です。

さらに2.0L直4ターボはトルク感たっぷりで加速性能が高く、クワトロシステムでトランクションも十分とのことです。

まさにアウディのスポーツセダンを感じることができる1台となっています。

新型カムリ・マークX・アウディA4のボディサイズ

【カムリ】
全長:4885mm 全幅:1840mm 全高:1445mm 車両重量:1570kg

【マークX】
全長:4770mm 全幅:1795mm 全高:1435mm 車両重量:1520kg

【アウディA4】
全長:4735mm 全幅:1840mm 全高:1430mm 車両重量:1610kg

新型カムリは完全にグローバルサイズの全幅になっています。日本に向けて開発されているマークXは全幅が1800mm以内に抑えられています。

エンジンスペック

【カムリ】
最高出力:178ps 最大トルク:22.5kgm
モーター 最高出力:120ps 最大トルク:20.5kgm

【マークX】
2.5L 最高出力:203ps 最大トルク:24.8kgm
3.5L 最高出力:318ps 最大トルク:38.7kgm

【アウディA4】
1.4L 最高出力:150ps 最大トルク:25.5kgm
2.0L 最高出力:190ps 最大トルク:32.6kgm
2.0L 最高出力:252ps 最大トルク:37.7kgm

おすすめは新型カムリ?アウディA4?

正直実際に買う時に、カムリとアウディA4を比較することはないと思うかもしれませんが、ボディサイズはほぼ一緒です。

そして価格はカムリが329~419万円で、アウディA4も1.4Lなら447万円から買うことができます。当然アウディの方が高くなりますが、30万円以内の価格差なら、アウディA4にはれ以上の価値があるように思います。

どうせ買うなら存在感と高級感でアウディA4がおすすめです。

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-自動車モデルチェンジ情報・時期予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.