ステーションワゴンモデルチェンジ予想

レヴォーグがマイナ-チェンジで自動運転モデルを2017年5月に発売と予想

更新日:

2017年5月頃にスバルのレヴォーグがマイナーチェンジで新型アイサイト搭載と予想されています。

スバルの代名詞的な存在だったレガシィーツーリングワゴンも、海外での販売を強く意識したために、年々大型化され、今となっては国内では大きすぎる存在となりました。レヴォーグは2014年にこの大きくなりすぎたレガシィーツーリングワゴンの後継車として発売された、国内専用のワゴンモデルです。

搭載されているエンジンの1.6Lと2.0Lの水平対向4気筒直噴ターボエンジンは好評で、特にダウンサイジングターボエンジンとして燃費性能とパワーの両立している1.6Lエンジンは人気になっています。

レヴォーグマイナーチェンジは新型インプレッサに対抗

人気となったレヴォーグですが、発売から3年目を迎えます。毎年徹底して改良を加えていくことで定評のあるスバルですが、2017年5月にいよいよマイナーチェンジされると予想されています。このレヴォーグのマイナーチェンジはかなり大がかりものになると言われています。

この大幅変更の理由として、2016年10月に発売された新型インプレッサの進化ぶりが高い評価と人気になっていて、レヴォーグの存在意義を脅かしていることです。まさに自社内競合の状態です。

この新型インプレッサに対抗するための手段として予想されているのが、新型アイサイトの搭載です。新型アイサイトでは、これまで65km/h以上が作動条件だった車線維持機能が、0~65㎞/hまでの低速でも機能するようになります。

これに全車速追従機能が合わさると、単独レーンなら高速道路での自動運転が行えるということになります。

この新しいアイサイトでの自動運転の実現で、どこまで新型インプレッサに対抗できるのでしょうか?高いレベルでの注目のマイナーチェンジになりそうです。

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-ステーションワゴンモデルチェンジ予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.