コンパクトカーモデルチェンジ予想

レクサス新コンパクトカー発売時期は2018年秋と予想!BMW製エンジンでVWポロやアウディA1、ミニクーパー対抗か?

更新日:

レクサスからCTより小さいプレミアムコンパクトカーが発売されると予想されています。レクサス初の200万円台のモデルとなるコンパクトカーは2018年秋頃に発売されると予想されています。

レクサスはプレミアムブランドの売れ筋コンパクトカーに課題

輸入車ブランドは各社魅力的で、売れ筋のコンパクトカーがラインアップされています。

世界からベンチマークされるVWゴルフに、その姉妹車としてプレミアムな存在のアウディA3。このクラスでは唯一のFRを採用しているBMW1シリーズ、メルセデスベンツの躍進のキッカケとなったベンツAクラス。この輸入コンパクトカーに対してレクサスはハイブリッドのCTです・・・。

レクサスコンパクトカー

↑レクサスCT

また、全長4m以下のBセグメントにはVWポロに、その姉妹車でプレミアム感のあるA1、そして独自のスタイリングで確固たる地位を築いているミニクーパーと、このクラスに魅力的なモデルが勢ぞろい!

そしてレクサスは、このBセグメントに対抗できるモデルをラインアップしていません。SUV以外に売れているモデルのないレクサスは、コンパクトカーでレクサス入門者を取り込んでいくことが重要でしょう。

レクサスの新型プレミアムコンパクトカーがBMWのエンジンを搭載するとの情報も!

現在レクサスのコンパクトカーは先代プリウスがベースのCTになります。全長4350mm、全幅1765mm、全高1450mmとゴルフなどと同じCセグメントのなります。このCT自体も課題ですが、全長4m以下の女性でも使い勝手の良いコンパクトカーに新型モデルを投入する予定です。

新型コンパクトカーに搭載されるエンジンには、まだわかっていない事が多いようです。

まずアクアなどにも搭載される1.5Lのハイブリッドです。このエンジンをベースとして環境に配慮しつつも、プレミアムにふさわしい特徴を持たせたものになるようです。なんだかイマイチ魅力的に感じませんね。

もう一つが、3気筒1.5Lターボエンジンです。トヨタの独自開発となる可能性もあるようですが、提携しているBMWから提供される可能性もあるようです。

BMWのエンジンは、コンパクトカーの1シリーズだけでなく、3シリーズにも搭載されていて、さらにはライバルに想定される人気のミニクーパーにも搭載されるなど、幅広く活用されているBMWの最新のエンジンです。

アクアのハイブリッドではなく、エンジン屋BMWのエンジンを搭載した方が、走行性能含めて魅力的なコンパクトカーになりそうですが。

レクサス新型コンパクトカーの価格帯は280万円からと、レクサスブランドでは初めての200万円台となります。ライバルとなる輸入コンパクトのような魅力的なモデルとなれば、レクサス入門者を増やすことができる期待の一台となるのではないでしょうか。

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-コンパクトカーモデルチェンジ予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.