コンパクトミニバンモデルチェンジ予想

日産の新型e-POWERコンパクトミニバンが2018年7月発売と予想!シエンタとフリードのハイブリッドに対抗か?

更新日:

日産からシエンタやフリードに対抗する新型コンパクトミニバンが発売されると予想されています。発売時期は2018年7月頃を予定。新型コンパクトミニバンは、ノートに搭載されて好評なe‐POWERで、ハイブリッドの低燃費に対抗!

3列シートのコンパクトミニバンはシエンタとフリードが独占状態

国内販売台数の中で、最近人気になっているのはコンパクトミニバンです。このコンパクトミニバンには2種類あります。

スズキのソリオやトヨタのタンクにルーミー、姉妹車のダイハツのトールなど、背の高いコンパクトカーですが、3列シートを持たないタイプ。

そして売れに売れているのが、同じ背の高いコンパクトカーでも、3列シートを採用しているトヨタのシエンタと、そのライバルであるホンダのフリードです。

シエンタもフリードもハイブリッドモデルがラインアップされていて、低燃費で3列シートの実用性の高さなどから、特に2015年に発売されたシエンタは販売も絶好調です。

ライバルのシエンタ・フリード対抗になるか!日産新型コンパクトミニバンはe‐POWER搭載

コンパクトミニバンは経済性と実用性のバランスが良く、人気になっているジャンルですが、日産にはコンパクトミニバンのモデルがラインアップされていません。

2003年から2008年に発売されていた、キューブのホイールベースを延長して3列シートにしたキューブキュービックが3列シートミニバンでありました。このキューブキュービック以来ないモデルです。

そこで、日産はシエンタ。フリードに対抗できるコンパクトミニバンが2018年7月頃に発売されると予想されています。

この日産新型コンパクトミニバンは当然ながら3列シートが採用されます。ここでキューブキュービックの経験が活かせるのでしょうか?

もう一つ、特に人気のシエンタのハイブリッドの低燃費に対抗が必要となります。JC08モード燃費27.2km/Lの低燃費で、フリードハイブリッドも同じ燃費となっています。

そうなるとやはり今大人気のe‐POWERの搭載でしょう!ベースとなるのはもちろんノートe‐POWERになりますが、コンパクトミニバンクラスならそのまま転用できるレベルのようです。

単純比較できませんが、ノートe‐POWERがアクアと同程度の低燃費が実現できるので、恐らく新型コンパクトミニバンでも、シエンタに充分対抗できる低燃費になるでしょう。

人気の3列シートコンパクトミニバンに、これも人気のe‐POWERの組み合わせなので、シエンタ人気にストップをかける魅力は満載です!

ただし、e‐POWERも新しい電気自動車と言ってはいますが、シリーズハイブリッドというハイブリッドの一種です。目新しいコピーではありますが、ガソリンで発電した電気で走っているので、エンジン音はします。

トヨタにホンダ、そして日産と、これで役者は揃います!

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-コンパクトミニバンモデルチェンジ予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.