SUVモデルチェンジ予想

パジェロのモデルチェンジ時期は2018年秋と予想!新型はクリーンディーゼルとPHEV(プラグインハイブリッド)搭載か?

更新日:

パジェロは三菱の象徴となるモデルです。このパジェロが2018年秋頃にモデルチェンジすると予想されています。新型パジェロは、三菱のクリーンディーゼルエンジン技術と、アウトランダーに搭載されているPHEV(プラグインハイブリッド)技術を採用して発売されるようです。

パジェロモデルチェンジ延期と廃止の噂・・・

パジェロのモデルチェンジは、燃費不正問題などの影響でこれまで延期されてきていました。これはパジェロだけの問題ではない三菱の大問題でした。

さらに日産との提携することで、パジェロそのものの存続が危ぶまれているとの噂もありました。しかし、パジェロは2018年秋頃にモデルチェンジするとの予想がでてきました。

これは、日本では現在月に100台程度しか売れていまいSUVモデルですが、実は中東やアフリカ地域では現在でも雑大なる信頼感で人気モデルとなっているようです。過酷な環境下での走行に耐えうる耐久性と性能が評価のポイントなのでしょうか。

このようなグローバルでの状況を考えると、パジェロを三菱の象徴モデルとして存続、モデルチェンジは自然な流れなのかもしれません。

パジェロモデルチェンジ

新型パジェロはクリーンディーゼルとPHEVを搭載予定

三菱は以前から、経営資源をパジェロやデリカD:5などのSUV、これらのSUVモデルに搭載されているクリーンディーゼル、そしてアウトランダーに搭載されている電動化技術のPHEV(プラグインハイブリッド)に集中させると明言していました。

新型パジェロには、現行パジェロに搭載されている3.2Lディーゼルは、すでにポスト新長期規制をクリアしているクリーンディーゼルエンジンを改良して搭載されるようです。ちなみにモデルチェンジが予想されている新型デリカD:5も排気量は違いますが、クリーンディーゼルエンジンを搭載して、ハイブリッドミニバンとの差別化が図られるようです。

今回の新型パジェロはクリーンディーゼルだけではありません!更なる燃費性能を実現するために、アウトランダーにも搭載されているPHEV(プラグインハイブリッド)の設定が検討されているようです。

このPHEV(プラグインハイブリッド)は、3.0L、V6のスーパーチャージャーエンジンとモーターの組み合わせが予想されています。

新型パジェロのボディサイズは現行より大型化されるようで、5m近い全長に1.9m程のボディサイズは日本では確実に大きすぎます。やはり、グローバルでの販売を見据えたモデルチェンジなのでしょう。

また、日産との提携で、2019年にモデルチェンジが予想されている日産のSUVエクストレイルとの技術融合されるようなので、そちらにも期待です。

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-SUVモデルチェンジ予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.