スポーツカーモデルチェンジ予想 フラッグシップセダンモデルチェンジ予想

ポルシェパナメーラ ターボS E-ハイブリッド&スポーツツリスモの試乗評価

更新日:

2009年7月にポルシェ初の4ドアスポーツセダンであるパナメーラが発売されました。

それから8年後の年2017年3月にモデルチェンジされ、新型パナメーラが発売されました。

新型ポルシェパナメーラには、ハイブリッドモデルのE-ハイブリッドと、ポルシェ初のワゴンボディであるスポーツツーリスモが発売されています。

↑新型パナメーラ E-ハイブリッド

↑新型パナメーラ スポーツツーリスモ

新型パナメーラ ターボS E-ハイブリッド試乗評価

新型パナメーラ ターボS E-ハイブリッドは重量ボディを感じさせない圧倒的な加速が実現されています。

ポルシェの4ドアスポーツ、パナメーラのラインアップに、新たなトップモデル「ターボS E-ハイブリッド」が追加発売されました。

新型パナメーラ ターボS E-ハイブリッドのエンジン

パナメーラのラインアップには、すでにPHEVの4Eハイブリッドがありましたが、ターボS E-ハイブリッドは、ターボに搭載される4.0LのV8気筒ツインターボエンジンにPHEVのシステムを組み合わせことで、さらに魅力的な運動性能を実現したモデルになっています。

トランクルームのフロア下に、14kwhの蓄電容量を持つリチウムイオンバッテリーなどが搭載されています。

スペック

  • 最高出力:550ps(エンジン) 136ps(モーター)
  • システムトータル:680ps

この680psが8速PDK、そして4WDシステムのPTM=ポルシェ・トランクション・マネージメントを介して4輪に伝わるような状況では、まさにスーパーカー並みです。

車重は2310kgもありますが、680psもあればこの重量はまったくデメリットにはならないですね。0-100km/h加速は3.4秒で911GT3に匹敵する速さなので、異次元の加速を味わえます。

また、満充電からならば最大で50km、140km/hの最高速を可能にするEV走行モードを選択しても、走りにはいっさいのストレスを感じることはないとの試乗評価です。

新型パナメーラ ターボS E-ハイブリッドのシャシー

シャシーのチューニングもめちゃくちゃ高評価です。

アクティブ機構のPASMを備えるエアサスペンションは、常に感動的なスタビリティと乗り心地を演出してくれてます。さらに左右後輪のトルクベタリングを行うPTVやリヤアクスルステアなどの相乗効果で、コーナリングは軽快、かつナチュラルで高評価です。

新型パナメーラのトップモデルの魅力は試乗評価でも伝わってきますが、価格はなんと2831万円!!ポルシェのラインアップの中でもかなりの高額モデルですが、その走りもトップクラスです。

新型パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ試乗評価

2017年3月にモデルチェンジされ、新型パナメーラが発売され、その後4月に新型パナメーラをベースとしたポルシェ初のワゴンであるスポーツツーリスモが発売されました。

新型パナメーラ スポーツツーリスモのスタイリング

スポーツツリスモは、2012年のパリ・サロンで初めてコンセプトカーとして発表されています。それから5年の時を経て、ポルシェは新型パナメーラへのモデルチェンジを待って、スポーツツリスモが実現されました。

スポーツツリスモの魅力はスタイリッシュなリアデザインです。

↑新型パナメーラ スポーツツーリスモ

新型パナメーラ

セダンボディかワゴンボディかは、正直好みの問題です。個人的には新型パナメーラのリアは先代から比較するとかなりカッコ良くなっているので、セダンの方が好みです。

↑先代パナメーラ

スポーツツリスモの魅力はスタイリングもそうですが、実用性の高さです。インテリアデザインは、基本的にはベースとなっているパナメーラ共通ですが、リヤシートには3人乗車が可能になっています。ただ、リアセンターでの乗り心地はあまり良くないとの評価で、あくまでも緊急用と割り切った方がよさそうです。

新型パナメーラ ターボ スポーツツリスモのエンジン

スポーツツリスモのエンジンは上で紹介したターボS E-ハイブリッドがないことを除けば、パナメーラと共通です。

「ターボ」と「E-ハイブリッド」での試乗評価はターボの方が高評価のようです。

4.0L V8ターボエンジンスペック

  • 最高出力:550ps/5750rpm
  • 最大トルク:78.5kgm/1960rpm

エンジンとシャシーのバランスは見事で、サーキット走行も存分に楽しめるだけの実力だとの評価です。

新型パナメーラ ターボ スポーツツリスモの価格は2453.3万円!!

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-スポーツカーモデルチェンジ予想, フラッグシップセダンモデルチェンジ予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.