自動車モデルチェンジ情報・時期予想

パサートCCがモデルチェンジしてアルテオンに!2017年10月に日本発売予定

更新日:

パサートCCはフォルクスワーゲンのパサートからの派生車種で、パサートが通常のセダンタイプなのに対して、CCは4ドアクーペとして2008年に発売されています。発売当初はパサートCCでしたが、マイナーチェンジ後に「フォルクスワーゲンCC」と名称は変わっていますが。

4ドアクーペはBMW4シリーズグランクーペやアウディA5スポーツバックなど華やかなイメージですが、CCについては正直地味で存在感が薄いですね。

パサートCCがモデルチェンジしてアルテオンに

パサートCCの後継モデルとして欧州で発売されたのがアルテオンです。日本での発売は2017年10月が予定されています。

アルテオンはパサートCCと同様に、パサートがベースになっていますが、MQBモジュールはアルテオン専用のホイールベースとなっています。

フォルクスワーゲンのラインアップの中でパサートよりも上位に位置づけられています。リアは一見パサートと見分けがつかないですが、ファストバックと呼ばれる5ドアで、まさにBMW4シリーズグランクーペ、アウディA5スポーツバックのイメージです。

良く言えばフォルクスワーゲンっぽいデザインで、悪く言えばやはり華がない印象です・・・。4ドアクーペなので、もっと冒険してもよいのでは?と感じてしまいます。

ただ、落ち着いた大人の4ドアクーペとしてはカッコ良いかもしれません。

アルテオンのボディサイズは全長4862mm、全幅1871mm、全高1472mmとなっています。

アルテオンのエンジンと走行性能

搭載されるエンジンは2.0L4気筒ターボですが、その出力はトップグレードでは280psとなっています。

前席サイドウィンドウには遮音性の高いラミネートが用いられるなど、上質感が高められていて、乗り心地もロードノイズを含めた静粛性は確実にパサートを上回っています。高速域での乗り心地も特にフラット感においてはパサートを大きく上回ります。

オプションで20インチの大径タイヤも設定されているようですが、低速域での乗り心地も悪くないとの評価です。

アルテオンのインテリア・室内

アルテオンの車格はアウディA5やA7のスポーツバックの間に収まるもので、横置きのパッケージを利用しての室内空間は、パサートを上回る程広くなっています。デザイン優先で、狭いといった感じではないようです。

荷室も含めての実用性はパサートは必要なくなるのではと思ってしまうほとのことです。

インテリアの質感もかなり高そうです。

アルテオンが日本発売

パサートCCの後継車である、アルテオンは2017年10月に日本でも発売される予定です。フォルクスワーゲンの高級車なので、実力は間違いないでしょう。

ただ、同じグループのアウディを超える高級感は間違いなくないので、中途半端になってしまわないでしょうか。

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-自動車モデルチェンジ情報・時期予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.