フラッグシップセダンモデルチェンジ予想

レガシィB4とアウトバックのモデルチェンジ時期は2019年と予想!新型は2.0Lダウンサイジングターボ搭載か?

更新日:

スバルのフラッグシップサルーンとなったレガシィB4が初めてのモデルチェンジを予定!

2014年に発売された現行レガシィ/レガシィアウトバックは、それまで日本で不動の地位を築いていた、ツーリングワゴンとしてのポジションをレヴォーグにバトンタッチしました。

元々レガシィツーリングワゴンは、日本の道路事情に適したボディサイズに、水平対向エンジンにスバル独自のシンメトリカルAWDシステムで、高次元の走行性能で一気にファンを作り上げてきたブランドです。

ただ、アメリカ市場からの強い要請で、ボディは大型化が進み、日本では苦戦していくこととなりました…。

そこで、これまでのレガシィツーリングワゴンのポジションはレヴォーグに譲り、レガシィB4はフラッグシップセダンとして生まれ変わりました。レガシィアウトバックはクロスオーバーSUVとして継続されています。

レガシィは2019年に2.0Lダウンサイジングターボを搭載しモデルチェンジの予想

現行レガシィB4は2014年に発売された6代目となります。これまでのレガシィのモデルチェンジサイクルが5年だったため、2019年に新型レガシィが登場すると予想されています。

一番の注目はやはりエンジンです。現行レガシィはB4、アウトバックのいずれも175ps/24.0kgmを発生する水平対向4気筒、2.5LのNAエンジンにCVTが組み合わされています。大きなボディに対して少々物足りない気もしますが、軽量化されているボディのため軽快感のある走りが実感できるそうです。

新型レガシィでは、新開発の2.0Lターボに一新されると予想されています。ようやくダウンサイジングターボの搭載です。

現行レガシィにはスタイリングを含めて、以前のような派手なイメージはなく、良くも悪くも平均的で質実剛健なセダンの位置づけですね。この位置づけのため日本での販売台数は超低空飛行になっています。

ちなみにアメリカで搭載されている3.6LのNAエンジンは2.5L水平対向ターボに一新されるようです。このエンジン日本に導入して欲しいものです…。

新型レガシィはスタイリングを改善すれば…

新型レガシィのスタイリングはVIZIVコンセプトを踏襲するようです。

レガシィB4モデルチェンジ

新型レガシィのコンセプトモデルはB4とアウトバックともに2017年の東京モーターショーで登場の予定です。

これまでのレガシィユーザーは離れてしまいました。地味な存在ではありますが、リアシートの居住性や、走行安定性にすぐれたシンメトリカルAWDなど、日本のセダンの中では評価の高い1台になっています。もう少しスタイリングが変わってくれば、日本でも売れてくるのではないでしょうか。

レガシィより、もっとスバルらしさを味わいたい方は、WRXかレヴォーグでしょうね。

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-フラッグシップセダンモデルチェンジ予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.