スポーツカーモデルチェンジ予想

マツダロータリーエンジンモデルの復活時期は2020年と予想!RX-9として発売?

更新日:

ロータリーエンジンは、マツダが世界で唯一量産化に成功した最高のエンジン

ロータリーエンジンがなぜこんなに話題になるのでしょうか?詳しい仕組みや構造についての説明は、他サイトに任せるとして、圧倒的に軽量コンパクトなエンジンで大きなパワーを生み出すことができます。

ロータリーエンジンを搭載していたマツダRX-7の最高出力は最終モデルでは280psを達成していました。当時の日本車の自主規制いっぱいまで出力が高められているのにも関わらず、約1,200〜1,300kgという軽量なボディが実現されていて、多くのファンを魅了していました。

また、回転フィールの滑らかさやエンジン音など、今でも多くのロータリーエンジンファンが存在するとの事です。

いいことばかりのイメージのロータリーエンジンですが、とにかく燃費が悪いといったデメリットもあります。

マツダロータリーエンジン搭載のRX‐9は2020年に発売されると予想

SKYACTIV戦略とデーゼルエンジンの成功で勢いのあるマツダですが、やはりマツダと言えばロータリーエンジンです!

前回の東京モーターショーに、ロータリーエンジン搭載のコンセプトモデル「RX-VISION」を出展しています。その後大きな動きはなかったのですが、ロータリーエンジン50周年となる2017年東京モーターショーで新しいコンセプトカーの出展が予想されています。

RX-VISION

↑RX‐VISIONコンセプト

さらにマツダ100周年となる2020年に新型ロータリーエンジン搭載のRX-9がRX‐8の後継者として発売されると予想されています。

マツダは今後電動化が明言されているので、新型ロータリーエンジンに電動化技術が搭載され、燃費が悪いといったデメリットを改善してくるものと予想されます。

新型ロータリーエンジン搭載のRX-9の最高出力は350ps程度と予想されていて、GT-RやNSXなどハイパワースポーツカーには及びませんが、軽量なエンジンとマツダの「人馬一体」のコンセプトにより、世界で唯一のフィーリングを持ったスポーツカーが登場することになりそうです。

と、様々な予想や噂が溢れて、RX-VISIONはコンパクトなエンジンを搭載するのに、何故こんなにノーズが長いのか?排ガス規制をクリアできるのか?そもそも本当に販売されるのか?などなど

今度こそ本当に復活してくれれば良いのですが…。

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-スポーツカーモデルチェンジ予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.