SUVモデルチェンジ予想

レクサスRXに7人乗りモデルが2017年8月発売と予想!レクサスNXとの差別化は?

更新日:

レクサスの屋台骨を支えるSUVモデルである、レクサスRXに7人乗りモデルが2017年8月頃に新たにラインアップされると予想されています。一部価格帯が同じになるレクサスNX以外からの取り込みを見込めるか。

レクサスRXとレクサスNXは価格帯が近い

現行レクサスRXは大型SUVとして位置づけされていて、2015年にモデルチェンジされています。

一方、レクサスNXは中型SUVとして位置けられ、2014年にトヨタ初の2.0Lダウンサイジングターボを搭載して発売されました。

ボディサイズはRXが全長4890mm、全幅1895mm、全高1710mmで、NXは全長4630mm、全幅1845mm、全高1645mmと一回りRXが大きく、スタイリングの迫力も圧倒的にRXの方が上といった感じですが、正直遠くから見るとあまり見分けがつかないです。

問題はRXとNXの価格帯が非常に近いと言う事です。

同じ2.0Lターボエンジン搭載のNX200tモデルが428万円~518万円で、RX200tが495万円~621万円となっています。この価格差なら、一クラス上のRXが欲しくなりませんか?

レクサスRX

新しいモデルと言う事もありますが、最近の販売台数もRXの方が売れています。もちろん2.0Lターボエンジン搭載車もRXの方が売れています。

レクサスRXに7人乗りモデルをラインアップしてさらに魅力アップを狙う

レクサスにしてみれば、より高価格のRXが売れた方が嬉しいのは当然ですが、NXとの比較で購入されるよりも、違うニーズのユーザーから取り込んだ方が良いですね。

そこで、RXに7人乗りモデルが追加発売されると予想されています。高級輸入SUVとして人気のBMW X5には7人乗りモデルが設定されていますが、レクサスにはLXでないと7人乗りがないのが現状です。LXでは高すぎるし、ボディサイズも大きすぎます。

レクサスRX7人乗りモデルでは、スペック上の全高は変わらないものの、ルーフ後半から低くなる傾斜を抑えながら、リアウィンドウ角度を立てた形に変更されるようです。

さらに、ホイールベースを2790mmから100mmほど延長して、全長も4900mm程度まで伸ばして3列シートのスペースを確保するようです。

3列シートの広さはそんなに広くなく、エマージェンシー的な広さになりそうです。

直接的なライバルにはなりませんが、マツダのCX‐5にも7人乗りモデルのCX‐6が発売される予定です。人気のSUVはミニバンユーザーの取り込みも各社狙っているのでしょう。

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-SUVモデルチェンジ予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.