スポーツカーモデルチェンジ予想

ホンダS1000の発売時期は2019年と予想!S660ベースのミッドシップスポーツ

更新日:

スポーツカー戦略をすすめているホンダは、軽自動車でS660、スーパースポーツカーとしてNSX、FF市販車ニュルブルクリンク最速と言われるシビックタイプRと盛り上がりを見せています!そして2019年にはS660派生のS1000が発売されると予想されています。

S660はミッドシップを軽自動車で実現したスポーツカーですが、多くのデメリットも・・・

S660は2015年に発売された、軽自動車ミッドシップスポーツカーです。ミッドシップ(MR)なので、エンジンを車体の中央に搭載し、居住性を犠牲にしてでもクルマの性能を優先しています。

居住性と乗降性を犠牲にした甲斐もあり、後方から響いてくるエンジン音の演出や、後輪にかかる強力なトラクションを武器にしたコーナリングの楽しさはミッドシップ(MR)のメリットです。

S660

↑S660

ただしエンジンは、N‐BOXに搭載されているターボエンジンがベースとなっているので、絶対的なスピードには限界があり、軽自動車枠の弱点と言えます。

S1000はS660の弱点を克服できる、ジャストフィットなミッドシップスポーツで発売予定

S660の派生モデルとして発売が噂されているS1000ですが、一時期ミッドシップ(MR)ではなく、FRになるとの噂もありました。最新の情報ではミッドシップで発売されるとの事です。S660がミッドシップなので、S1000もミッドシップにした方が、開発コストも抑えることができ、より安価な価格にする事ができるメリットがあります。

S1000はS660をベースにトレッドを拡大させ軽自動車枠を取り払い、ミッドシップに1.0Lターボが搭載されるようです。

軽自動車の枠を取り払う事で、居住性や乗降性の不満は解消されるでしょう。ボディサイズはマツダロードスターとほぼ同じぐらいと予想されているので、ライバルとしてお互い意識してくるでしょう。

またS1000のエンジンについても、ホンダがシビック向けにすでに開発済みの直列3気筒、1.0Lターボが搭載され、最高出力130ps程度と予想されています。これで660ccエンジンの呪縛が解けて、ストレスのない加速感も得られるでしょう!

ホンダはS1000だけでなく、2020年頃に2.0Lターボエンジンを搭載するS2000というスポーツモデルの発売も予定されているようです。こちらは、ミッドシップではなく、FRでの開発との噂があります。

ホンダのスポーツカー戦略モデルはこれからが本番かもしれません!

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-スポーツカーモデルチェンジ予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.