軽自動車モデルチェンジ予想

タントのモデルチェンジ時期は2017年9月と予想!新型は燃費向上でN‐BOXに対抗か?

更新日:

タントのライバルN‐BOXに販売台数NO1の座は奪われている…

1700mmを超える全高と長いホイールベースで、軽自動車とは思えない程の室内空間を実現した、スーパーハイトワゴンの先駆者がタントです。

タントモデルチェンジ予想

↑現行タント

タントは人気車となり、それまで軽自動車の王者だったワゴンRから販売台数NO1の座を奪うまでになりました。

しかし、その後ホンダからN‐BOXが発売されると、人気は次第にタントからN‐BOXに移っていき、今では販売台数NO1はN‐BOXになっています。

タントは燃費ではN‐BOXに勝っていますが、実際の走行でのパワーでは少々不満がでているようです。また肝心の室内の広さでは、ホンダのセンタータンクレイアウトによる低床技術で、室内の高さでタントは負けていると言った感じでしょうか。

新型タントは燃費向上でライバルに対抗しようとしていましたが・・・

2017年9月頃にモデルチェンジが予想されている新型タントは、基本的にキープコンセプトで、助手席側のセンターピラーをドアに内蔵して開口部を大きくするなどの使い勝手の良さは、使い勝手が改善されて、継承されるようです。

ピラーレス

ただし、ライバルのN‐BOXスペーシアも2017年にモデルチェンジが予想されています。

新型N‐BOXは課題となっている燃費の向上を実施し、スペーシアも3車の中で最も低燃費なのですが更なる燃費向上で差をつけようとしています。

ライバル達は車重の重いスーパーハイトワゴンのデメリットである燃費向上のモデルチェンジを狙っています。

新型タントもライバル同様に燃費向上です。

新型タントでは新世代テクノロジーを導入し、燃費と走行安定性の向上を目指す予定です。燃焼効率の高い新開発エンジンの採用や、抗張力鋼板と樹脂パーツの使用率アップによる軽量化も実現して、燃費はJC08モード30km/L程度になると予想されています。

ただ、2017年5月にモデルチェンジされたミライースは燃費数値は据え置きとなりました。

カタログ数値を追及するのではなく、実際の走行フィールや実燃費の向上を実現したモデルチェンジとなりました。

新型タントも同じようなモデルチェンジになる可能性があります。ガソリンエンジンの燃費追及にも限界がきているのではないでしょうか。

しかし、N-BOXに勝てない理由は燃費ではないのでは?現行モデルでも燃費はタントの方が良いですからね…。

そもそもスーパーハイトワゴンの軽自動車を買う人は燃費をそれほど追及しないのではないでしょうか。一番低燃費のスペーシアが一番売れているのは売れている訳ではないですし。

一番は室内空間の問題のような。N-BOXの方が広いと感じている人が多いのが事実です。

あとはスタイリングです。タントの丸くやわらかいイメージとは反対に、N-BOXは直線的でシャープなイメージではないですか?

普通車のミニバンでも同じ傾向ですが、シャープで迫力のあるデザインの方が人気になっています。ノアよりヴォクシーが人気があるようなイメージです。

新型タントは人気モデルなので、スタイリングが大きく変わることはないと思いますが、カスタム系のモデルではいかついタントの登場にも期待したいですね。

スーパーハイトワゴンのタント、N-BOX、スペーシアが3車とも2017年にモデルチェンジ!N-BOXの牙城を崩せるのでしょうか。

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-軽自動車モデルチェンジ予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.