SUVモデルチェンジ予想

新型エクストレイルはセレナ自動運転技術のプロパイロット搭載!e-POWERは・・・マイナーチェンジ時期は2017年6月と予想

投稿日:

ミドルクラスSUVでNO1の人気を誇る日産エクストレイルが2017年6月にマイナーチェンジすると予想されています。新型エクストレイルの安全装備は?ハイブリッドの燃費は?

エクストレイルはハイブリッド追加で更に人気SUVに!

ミドルクラスSUVの現行エクストレイルは2013年12月に発売されましたが、同じ時期にトヨタからハリアーが発売されています。このハリアーがハイブリッドと都市型SUVとして洗練されたスタイリングで人気となりました。

ハリアーの人気はやはりハイブリッドが大きいでしょう。SUVは車重が重く燃費が悪いので、ハイブリッドの設定は燃費面でのメリットが大きくなります。

しかし、アウトドアなどでタフでガンガン使える仕様と、本格的な悪路走破性を備えるエクストレイルと、オンロード中心での使用が措定されている都市型SUVのエクストレイルとではニーズが違うため、エクストレイルの人気に大きなダメージを与えるには至りませんでした。

さらにエクストレイルは2015年4月にハイブリッドモデルを追加発売しました。ハイブリッドに対するニーズは大きかったようです。

ハリアーハイブリッドが371万円からの価格設定で燃費は21.8km/L、エクストレイルは燃費20.6km/Lですが価格は266万円からと圧倒的な価格差で、ベースの価格が違うとは言え、ハイブリッドはエクストレイルの方が販売台数が多くなっています。

新型エクストレイルの安全装備は?自動運転技術(プロパイロット)搭載か?

発売から3年が経過している現行エクストレイルが、2017年6月にビッグマイナーチェンジが予定されています。

一番の注目は、セレナに搭載されている高速道路同一車線自動運転技術のポロパイロットの搭載です。エクストレイルの20Xと20Xハイブリッドにメーカーオプションとして設定されるようです。

新型エクストレイルの安全装備はこれだけでなく、車線逸脱防止支援システムの「インテリジェントLI」、後退時車両検知警報の「RCTA」、先行車または対向車や周囲の明るさなどに応じて、自動的に上向きと下向きを切り替える「ハイビームアシスト」などの充実が図られるようです。

新型エクストレイルはスタイリングの大幅変更と新装備充実

スタイリングについては、フロントマスクを中心に変更されるようです。フロントグリルは現行モデルのVモーションを拡大してグリルの面積を広げ、さらにヘッドライトは2眼タイプのLEDに変更され、迫力のあるフロントマスクになります。日産のVモーションも浸透してきたので、更なる進化に向かっているようです。

新型エクストレイル
↑新型エクストレイル

インテリアもステアリングデザインを変更し、セレナと同じタイプのものが採用されます。ステアリング下部がフラットな形状になります。また、エアコン送風口の枠をピアノブラックに変更するなど質感の向上が図られます。

新装備としては、2列シート車のセカンドシートにリクライニング機能を加えて、シートスライドやセンターアームレストスルーを採用するほか、荷室の一部を形状変更して積載スペースを拡大して使い勝手を向上しています。

20X、20Xハイブリッドにはバンパー下に足を入れて引く事でバックドアが自動開閉できるリモコンオートバックドアが標準装備されます。これは、荷物で手が塞がっている時など、非常に便利な機能ですね。

ハイブリッドモデルの燃費向上は?e-POWER搭載が・・・

人気モデルとなっているハイブリッド車については、ラジエター前面にグリルシャッターを設置して、エンジン冷却要求が低い場合に閉じる事で空力を向上し、高速走行時の実用燃費が高めるようです。この新機能、冬場は良いですが夏場はどうなんでしょうか?

ハイブリッドも良いのですが、日産なのでやはり、ノートに搭載されて大人気となっているe-POWERの搭載に期待したいところです。セレナはマイナーチェンジでe-POWERが搭載されると予想されているので、新型エクストレイルにも期待していたのですが・・・。

2019年にモデルチェンジが予想されているエクストレイルにはe-POWER搭載の可能性はあるかもしれません。

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-SUVモデルチェンジ予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.