コンパクトSUVモデルチェンジ予想

新型スバルXVが2017年4月に発売!ヴェゼル、CX3はライバルではない!?

更新日:

スバルの中でも高い人気をキープして堅調な売れ行きのなのがスバルXVです。評価の高いインプレッサスポーツをベースに、最低地上高を200mmに設定。さらにスバル得意のシンメトリカルAWD(4WD)で悪路走破性能を高めているコンパクトSUVです。

SUVと言っても全高は1550mmなので、インプレッサより少し高くなった程度なので、走行間隔感覚に腰高感はなくスポーティな走りが可能となっています。それでいて、最低地上高は200mmも確保されているので、悪路走破性のにも問題なしのオールラウンダー的なモデルです。

新型スバルXVのライバルはコンパクトSUVのヴェゼルやCX3ではない!?

新型のスバルXVは、モデルチェンジされたインプレッサの最新のプラットフォームであるSGP(スバルグローバルプラットフォーム)が採用されます。

このプラットフォームにより、乗り味が劇的に進化しています。長年ヨーロッパ車に大きく遅れをとっていたトータルでのドライバビリティが大きく向上しています。新型スバルXVの乗り味も間違いなく劇的な進化が期待できます!

xv

ヴェゼルやCX3など、人気のコンパクトSUVがライバルとして考えられますが、あまりライバルにならないのではと感じます。

スバルXVのボディサイズはこれらのライバルと比較すると、全長が100mm程度長くなるぐらいのイメージです。価格帯もXVが約215万円程度からで、ヴェゼルが192万円~、CX3が237万円~と搭載エンジンの多少の違いはあれど、購入の際の比較検討になるのではないでしょうか。

なぜライバルでないかと言うと、やはり一番はプラットフォームです。ヴェゼルのプラットフォームはコンパクトカーのフィットで、CX3はデミオです。スバルXVのプラットフォームは、インプレッサとこの2台よりも一クラス上の位置づけになります。明らかにドライブフィールが違ってくるでしょう!

ライバルを考えるなら、最新のコンパクトSUVのC-HRでしょう。評判の良い新型プリウスのプラットフォームが採用され、プリウスのハイブリッドシステムが使われているので「プリウスSUV」です。

大きな違いは、C-HRの最低地上高は155mmなのに対して、新型スバルXVは200mmの最低地上高。さらにXVにはスバル自慢のシンメトリカルAWDが搭載されるので悪路走破性能はXVの圧勝でしょう。C-HRはSUV風のおしゃれな車と考えていた方が良いですね。

新型スバルXVは、BMW X1やベンツGLAなどの輸入コンパクトSUVにも対抗できる乗り味の仕上がっていると期待です!価格を考えるとコストパフォーマンスはバツグンでしょう。

スバルXVの発売は2017年4月3日です!

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-コンパクトSUVモデルチェンジ予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.