ステーションワゴンモデルチェンジ予想 セダンモデルチェンジ予想

カローラフィールダー/アクシオのモデルチェンジ時期は2018年10月と予想!新型は3ナンバーサイズに拡大か?

更新日:

今でも売れているカローラフィールダーとアクシオ

世界のベーシックカーとして認知の高いカローラですが、正直かなり地味な存在だと思います。それでも販売台数ランキング上位の常連となる人気モデルを維持し続けています。

カローラはワゴンのフィールダーとセダンのアクシオがラインアップされていますが、売れ筋はワゴンのフィールダーとなっています。

5ナンバーと手頃なサイズと、200万円以下から設定されている価格設定が、いまだに売れている理由のような気がします。

5ナンバーのワゴンってあまりライバルがいないですね。

カローラモデルチェンジ時期予想

↑地味なイメージの現行カローラフィールダー

新型カローラフィールダー・アクシオは3ナンバーに拡大!若々しいデザインに変更

2018年10月頃にモデルチェンジされると予想されている新型カローラですが、ボディタイプがセダンとワゴン、それに新しく5ドアハッチバックが追加されると言う情報もあるようです。フロントデザインは3タイプとも共通。

新型カローラの注目はデザインで、現行デザインの丸いイメージから、直線的なシャープなデザインへ変更され、若々しいイメージになるとの事です。中でもフィールダーは低く伸びやかなラインで、上級モデルに匹敵するイメージに変身するようです。

新型プリウスのデザインが、革新過ぎて大きく好みが分かれているようなので、出来ればプリウスPHVのようなスタイリングを期待したいところです。

プリウススタイリング

↑プリウスとプリウスPHV

新型カローラもう一つの注目はボディサイズで、現行の5ナンバーから全幅1740mm程度に拡大され、ついに3ナンバーになると予想されています。

5ナンバーの手頃なサイズ感がカローラの魅力の一つだと思うのですが・・・。スタイリッシュなデザイン実現のためには仕方なかったのでしょうか。あとヨーロッパでの販売を見込んだサイズ拡大もあるかましれません。

搭載されるエンジンは、発売から一気に人気モデルとなったコンパクトSUVのC‐HRにも採用されている直4、1.2Lターボと、1.5Lのハイブリッド、ベーシックな1.5Lの自然吸気エンジンがラインアップされるようです。

発売から50年のカローラですが、モデルチェンジでスタイシッシュに生まれ変わることは、カローラブランドの再浮上を狙った大きなチャレンジかもしれません。

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-ステーションワゴンモデルチェンジ予想, セダンモデルチェンジ予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.