軽自動車モデルチェンジ予想

新型ムーヴ発売!マイナーチェンジ時期は2017年6月予想!燃費向上で新型ワゴンRマイルドハイブリッドに対抗?

投稿日:

ムーヴはワゴンRと熾烈なトップ争いを繰り広げていた時期もありました。しかし、最近の軽自動車の人気は、N‐BOXやタントなど全高が高いスーパーハイトワゴンに移っています。苦戦しているムーヴが2017年6月にマイナーチェンジが実施されます。新型ムーヴの燃費は?安全装備は?

ムーヴとワゴンRは過去の人気車ですが・・・

最近の軽自動車の人気は、全高1700mmを超えるスーパーハイトワゴンが人気の中心となっています。ただ、ムーヴはワゴンRと共に販売台数トップを競う軽自動車の超人気モデルでした。過去10年間の軽自動車販売台数年間ランキングを紹介します。

◆2007年年間販売台数
1位:ワゴンR 2位:ムーヴ 3位:タント
◆2008年年間販売台数
1位:ワゴンR 2位:ムーヴ 3位:タント
◆2009年年間販売台数
1位:ワゴンR 2位:ムーヴ 3位:タント
◆2010年年間販売台数
1位:ワゴンR 2位:タント 3位:ムーヴ
◆2011年年間販売台数
1位:ワゴンR 2位:ムーヴ 3位:タント
◆2012年年間販売台数
1位:ミラ 2位:N‐BOX 3位:ワゴンR
◆2013年年間販売台数
1位:N‐BOX 2位:ムーヴ 3位:ワゴンR
◆2014年年間販売台数
1位:タント 2位:N‐BOX 3位:ワゴンR
◆2015年年間販売台数
1位:N‐BOX 2位:タント 3位:デイズ
◆2016年年間販売台数
1位:N‐BOX 2位:タント 3位:デイズ

ムーヴは2012年から、トップ3の中にも入らない状態が続いています。

スーパーハイトワゴンの軽自動車とは思えない程の室内空間や使い勝手は、確かに魅力的ではありますが、燃費の悪さや横風に弱いなどの走行安定性の悪さなどのデメリットもあります。

ムーヴのサイズ感は室内空間や燃費、走行性能などのバランスの良さが魅力となっています。

新型ムーヴ

ムーヴ最大のライバルであるワゴンRはマイルドハイブリッドを搭載

ワゴンRは2017年2月にモデルチェンジされ、S‐エネチャージを進化させたマイルドハイブリッドを搭載して、燃費はクラストップの33.4km/Lを実現しています。ムーヴの燃費が31km/Lなので熾烈な燃費競争では、少し差をつけられたイメージです。

新型ワゴンRの進化は燃費だけでなく、新開発のプラットフォーム「ハーテクト」が採用され、軽量化と高剛性を実現しているだけでなく、室内スペースの拡大にもつながっています。

新型ワゴンRは好評で、販売台数もムーヴに大きく差をつけています。それでもN‐BOXには及ばないのが現状なのですが・・・

新型ムーヴの燃費は?

新型ムーヴで注目されるのは燃費でしょう。ワゴンRの33.4km/Lに対して31km/Lと差をつけられているだけに、燃費向上が望まれるところです。

が、今のところ大きな改善があるという情報はありません。現行エンジンを多少見直して32km/L程度にまで改善はあるかもしれないとの事です。

2017年11月にモデルチェンジが予想されているミライースに搭載予定の、新世代イーステクノロジーでも採用できないのかなとも思いますが・・・。

今回のマイナーチェンジではあまり期待できなさそうです。

新型ムーヴはスマートアシストⅢ搭載で自動ブレーキが歩行者対応

新型ムーヴで最も大きな変更点は安全装備のスマートアシストⅡからスマートアシストⅢに改良される事です。

違いは、レーザーが単眼カメラだったのに対して、世界最小ステレオカメラに変更になる事で、基本的に歩行者に対する自動ブレーキには対応してなかったのが、歩行者にも自動ブレーキが対応になります。

また、搭載されたステレオカメラが、対向車の光を感知して自動的にハイローの切り替えができる「オートハイビーム」も追加で採用されます。

これまでも対応していた「車線逸脱警報機能」「誤発進抑制制御機能」「先行車発進お知らせ機能」はそのままです。

しかし、新型ムーヴがスマートアシストⅢを搭載しても、ワゴンRの自動ブレーキの方が性能は高く、燃費も含めて対抗できるレベルに「ならないのではないでしょうか。

ムーヴには早めのモデルチェンジが望まれるでしょう。

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-軽自動車モデルチェンジ予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.