SUVモデルチェンジ予想

新型レクサスNXマイナーチェンジ時期は2018年8月と予想!スタイリング変更と自動運転搭載か?

更新日:

レクサスの中で売れているSUVの中で、稼ぎ頭となっているのがNXが、2018年8月頃にマイナーチェンジすると予想されています。大型のRXに販売台数で負けている中、どのような変更点があるのか注目です。

現行レクサスNXにはもっと進化が必要では?

2014年に発売されたレクサスNXは、トヨタとして初めてダウンサイジングターボが搭載された事で話題となりました。この直列4気筒2.0L直噴ターボは最高出力238ps、最大トルク35.7kgmに6ATが組み合わされています。

このダウンサイジングターボは数値こそ問題なく感じるのですが、走り出したらレスポンスの悪さなど課題もあるようです。今時、プレミアムブランドとしては疑問の残る6ATとの組み合わせが問題なのかわかりませんが、加速感含めての改善が求められています。

あと、ハイブリッドモデルも走行性能ではイマイチとの声があります。燃費重視なので仕方ないのですが、ライバルの輸入SUVはクリーンディーゼル搭載で、走行性能と経済性を上手く両立させているだけに、ライバルとの差は埋まってきません。

ただし、レクサスNXには、先進的なスタイリングという武器があります。もちろんスタイリングには好みがありますが、メルセデスベンツやBMW、アウディなどの名門ブランドと、歴史の浅いレクサスが対抗するには、少々尖がったスタイリングでの差別化は必要でしょう。今のところ、日本での販売台数を見ると、スタイリングは成功しているのでしょう。

新型レクサスNX
↑現行レクサスNX

レクサスNXはマイナーチェンジはスタイリングの変更がメイン

2014年に発売されたレクサスNXは2016年も1万台以上の販売実績残しているレクサスの屋台骨的な存在です。しかし、2015年にモデルチェンジしたRXシリーズの方が販売台数で上回っているのが現状です。

そろそろテコ入れが欲しい時期で、2018年8月頃にビッグマイナーチェンジが予定されています。

新型レクサスNXの大きな変更点は、フロントグリルです。現行のF SPORTに採用されているのはメッシュ系ですが、横方向のルーバー調がメインとなるようです。エレガンスなイメージを強調したいのでしょうか?スポーティなイメージのメッシュグリルが迫力があって、受け入れが高いのかもと感じるのですが、改良後どうなるか楽しみです。

エンジンについては、現行モデルと変わらず、直4、2.5Lハイブリッドと直4、2.0L直噴ターボがラインアップされるようです。エンジンについては是非改良を望みたかったのですが。

ただ、安全装備は充実されるようで、自動運転関連の装備の追加が予想されています。これは輸入SUVも充実が図られているだけに、大事なポイントかもしれません。

新型レクサスNXは安全装備の充実分が上乗せされ、現行から10万円程度ほど高くなると予想されています。ますます、ライバルの輸入SUVとの価格差が縮まるだけに、熾烈な競争となりそうです。

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-SUVモデルチェンジ予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.