軽自動車モデルチェンジ予想

新型パジェロミニの発売時期は2018年夏と予想!日産との連携で軽自動車SUVジムニーとの違いは?

更新日:

軽自動車SUVとして人気となったパジェロミニが、日産との連携で2018年夏頃に発売されると予想されています。本格派軽自動車SUVとして、新型パジェロミニの注目ポイントは?日産との連携は?

パジェロミニはジムニーと並ぶ軽自動車で人気のSUVでしたが・・・

1994年三菱は、パジェロの技術を最大限に凝縮した、軽自動車の本格派SUVパジェロミニを発売しました。当時のクロカンブームもあり、ライバルだったスズキのジムニーと一緒に人気モデルとなりました。

パジェロミニ
↑初代パジェロミニ

本格クロカンではラダーフレームが強度があって優位なのですが、パジェロミニは、ラダーフレームのようにプレス加工された部材をフロアパンに溶接した、ビルトインフレームのモノコック構造となっています。

これにより、本格的なものを目指しながらより乗用車的な乗り味が実現でき、街乗りも快適で女性ドライバーにも乗りやすい軽自動車として人気となりました。

これは、ラダーフレームを採用するジムニーとの違いでした。

ただし、タウンユースにも振った事が、いまだに継続しているジムニーと、2013年に廃止となったパジェロミニの明暗を分けた要因の一つかもしれません。本格派で硬派なニムニーにはコアなファンが根強くついていて、ちょっと中途半端なパジェロミニは、その後の乗用車的なSUVブームの波にのまれたのではないでしょうか?もちろんそれだけではないと思いますが・・・。

新型パジェロミニは日産との連携でハスラーなどのSUV軽自動車へ対抗

新型パジェロミニの開発は、日産との連携でNMKVが担当してます。もともとパジェロミニは日産にもキックスというブランドで発売されていたこともあります。

最大のライバルはスズキのジムニーでしょうが、スズキのハスラーに代表されるSUV軽自動車への意識が高いモデルになりそうです。

新型パジェロもビルトインラダーフレームを採用し、安全性と走破性のバランスを意識し、ラダーフレームの走破性と強度はジムニーに任せて、日常シーンでの走破性を高めることを意識した開発になっているようです。

しかし、スタイリングは従来のパジェロミニを踏襲するようです。大きな変更点は、利便性を考慮した4ドアになる事でしょう。

もちろん日産でもキックスの後継モデルとして発売されます。

新型パジェロミニで気になるのは、また中途半端なコンセプトです。本格派風でありながらも、最近流行りのおしゃれSUVの位置づけによろうとしているコンセプトでは、ジムニーにもハスラーにも遠く及ばないモデルになってしまいそうな気がします。パジェロブランドだけでは今の日本では通用しません。

ライバルのジムニーは20年振りのモデルチェンジで、高い走破性を維持したまま新型が発売されるようです。

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-軽自動車モデルチェンジ予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.