スポーツカーモデルチェンジ予想

スバルWRX STI S207後継のS208が2018年1月頃に限定300台で発売と予想

更新日:

2015年10月に400台限定で発売されて、即日完売したスバルWRX STIのコンプリートカー「S207」の後継モデルである「S208」がまたまた台数限定で2018年1月頃に発売されると予想されています。

スバルWRX STI「S207」はなぜ即日完売の人気モデル?

WRX STIをベースに、STIがエンジンを含めて、全域にわたってチューニングを施したコンプリートカーが「S」シリーズです。熟練工による手組みのエンジンが搭載されるなど、とことんこだわった作りが人気となっています。

その人気は2012年に発売されたS206に続いて、2015年10月に400台限定で発売されたS207はなんと即日完売という伝説も作ったほどです。

S208限定台数

↑WRX STI 「S207」

このS207は標準モデルでも約600万円と、さすがにWRX STIがベースとしては高すぎる値段だったにも関わらずの人気ぶりでした。

狙っていたのはコテコテの高性能スポーツセダンではなく、スポーティで爽快な走りと上質な乗り心地の両立を実現したスポーツセダンです。

購入者は、従来からのスバル高性能モデルファンだけでなく、輸入車のスポーツモデルユーザーも多くいたのではないでしょうか?

BMW M235iが同じく600万円程度で、326psのエンジンを搭載していることを考えると、ライバルとして想定できるモデルだったのかもしれません。

S208は2018年1月頃の発売予想で、限定台数はなんと300台?

S208の気になるエンジンですが、間違いなくS207の最高出力328psを上回ってくるでしょう。予想では確実に330psを超えると言われています。

また、ピークパワーだけでなく、中回転以下でのトルクを向上させることで、通常走行時のドライバビリティも進化させるようです。

S208のフロントダンパーには、ビルシュタイン製のダンプマチックⅡが採用されるなど、S207で評価の高かったものは継続採用されるようです。ただし、ビルシュタインのダンパーはフロントのみ装着で、リアには採用されないとの事です。

S208はもちろんボディ剛性アップも図るなど、「S」モデルの名にふさわしいチューニングが施されるようです。

ただし、今回のS208は限定販売台数は300台程度?すくなくともS207の限定400台よりも少なくなるようです。400台でも即日完売した人気モデルだけに、S208も即日完売は間違いないのではないでしょうか。

S208が購入できなかったかたも、ベースモデルであるWRX STIの2018年モデルが2017年12月頃に発売されると予想されています。400万円以下で、300ps以上の上質なスポーツ感覚を味わうことができます。

【乗換えを考えている方へ!「下取り」と「買い取り」どちらが得か?】
下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。 カービューの買い取り査定サービスなら、一度の入力で複数社に査定依頼が可能です。一番高い買い取り価格と下取り価格を比較する事をおすすめします!
【無料】『あなたの愛車は,今いくら?』全国の買取店ネットワーク

【新車見積もりを簡単にもらう方法】
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできます。ディーラーに行く前にある程度の支払額を知ってから、価格交渉に望むことができる優れものです。
全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

希望に合う中古車をプロに無料で探してもらえるます!

自動車

自動車

-スポーツカーモデルチェンジ予想

Copyright© 自動車モデルチェンジ情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.